(真)期待値パパのスキマ稼働

面白おかしく、たまにタメになる記事を書いてます。

期待値を噛み砕いてみた話

こんにちは。



期待値パパです。



先日、記事にした「期待値」についてなんですが



本当はもっと分かりやすい例とかを



組み込んで、誰でも理解しやすい内容に



するつもりだったのですが、



深夜の寝る前の記事作成だったため、



心が折れましたw



自分的には半ば、さじを投げたような記事になってしまって



少しモヤモヤしていたので



もう少し踏み込んだ記事を書こうかなと



思い立った結果、



記事作成に精をだしていますw



前回の記事では



「公表されている期待値を鵜呑みにしないこと」



コチラについて書きましたが、



今回は



その期待値の本質について



期待値パパ的に



少し掘り下げた内容を



書いてみようかなと思います。






「期待値は試行回数が多いほど収束する」




このことについては



前回の記事で書きましたが



自分なりの詳しい解説を



しておこうかなと思います。



なぜ試行回数が多いと収束するのか??



分かりやすい例で言うと



サイコロでのお話です。



例えば



サイコロを振って


1=△600円
2=△600円
3=△600円

4=0円
5=+600円
6=+3000円


こんなような結果のサイコロを



1回100円払って挑戦できるゲームがあるとします。



この場合の期待値がいくらになるかお分かりでしょうか?



今回の例で計算すると



1が出た時の収支は△600円で、



その確率が1/6ですので



一回当たりの期待値は△100円、



2,3の目が出たときも同様に△100円ずつ。



4は0なので0円。



5の目は+600円で、これも確率は1/6なので



+100円ですね。



6の目は+3000円で、確率はこれまた1/6なので



+500円です。



1~6の全てをトータルすると



600-300=300円となります。



さらに挑戦料金で100円払うので



300-100=200



つまり、このゲームでの



一回当たりの期待値は



+200円



となるわけですね。



これを5回とか10回くらいやっただけでは



5,6の目があまり出ずに



1,2,3の目に片寄ってしまえば



期待値はプラスを積んでも



収支はマイナスになりますよね?



ですが、100回、1000回と



こなす数が多くなればどうでしょうか?



さすがに5,6の目が全く出ないなんてことは



ほとんどあり得ないですよね。



グラフにしてみるとこんな感じ↓
(数値は気にしないで下さい)



このように期待値がプラスの



このゲームを繰り返していけば(期待値を重ねる)



最初は確率が片寄ってしまって



収支が極端にプラス、



もしくはマイナスになるかもしれません。



ですが、試行回数を重ねていけば



収支は必ずプラスの方向へ



向かっていくというわけです。






では、これを踏まえて



スロットに置き換えてみるとどうでしょうか?



挑戦料金=初当たりまでの投資金額



サイコロの目=獲得枚数



こんなように置き換えられるかと思います。



ただし、スロットはサイコロと違って



投資金額も獲得枚数も



かなりの、それこそ天文学的な数値の



何千、何万通りのパターンが存在します。



サイコロは6パターンしかありませんけどね。



で、その数あるパターンを網羅した



平均の数値が



期待値となるわけです。




「天井期待値3000円」



とかっていう台を見た時に



「なんだ、これ打っても3000円しか勝てないのかよ」



こんな風に考えていた方は






期待値をもう一度学びましょうw



期待値を理解している人は



「天井期待値3000円もあんの!?」



こーゆー反応になりますw




「よっしゃ!なら期待値が



大きくプラスの台ばっか打っときゃ



大勝利が飾れるって訳だな!」






















ここで慌てるのはまだ早い。



確かに期待値プラスの台を打っていれば



間違いなく収支はプラスになっていきます。



しかしながら、



前述した通り



スロットにはサイコロと違って



天文学的な数のパターンが存在します。



その数の平均を取った期待値なんてのは



収束するまでに



果たしてどれだけの試行回数が必要だろうか?



それは人生かけてスロットを打ち続けて



達成出来る試行回数なのだろうか?



断言しよう。




















完璧に期待値通りに収束することは



それこそ奇跡的な確率だと思います。



しかしながら、



多少上下したとしても、



ある程度は積んだ期待値に



寄り添って収支はついてくるのは













だからこそ、



期待値稼働している人たちは



着実にプラス収支を挙げることが出来ているんです。



普通の人からしたら



めっちゃ胡散臭い話だと思われるかもしれませんが、




これは紛れもない事実です。




じゃあ質問です←



今までは期待値プラスの台を



打ち続けてきた話をしてきましたが、



期待値マイナスの台を



打ち続けていて



勝てると思いますか??
















勝てない。負け続けるの←





その答えが分かってしまうと



趣味打ちが出来なくなります←w







期待値稼働というものが



勝つためには必要不可欠だということに



なかなか気づけないのは



個人レベルでは到底収束しないことと



前回の記事でも書いた様に



期待値自体を読み間違えているか。



で、結果として収支がプラスにならなければ



「なんだよ、期待値稼働なんて勝てねぇじゃん!」



こうなってしまっては



めでたく万年養分不可避となりますねw



だからこそ、



サイトにある解析だったり



期待値だったりを



鵜呑みにするのは危険だよってことを



お伝えしたかったわけです。



それと、肝心なことがもう一つ。



それは



「同じ期待値でも勝率は違う」



ということです。



分かりやすく説明しようかと



思うのですが、




読んでる方も飽きてきたと思うので



今回はここまでとします。



次回に説明しようかなと思いますので



期待しないで待っていて下さい(  ̄▽ ̄)



あ、最後に



期待値ある台を拾うコツをお伝えして



絞めたいと思います。



期待値ある台を拾うコツ…



その真髄とは………!







































×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。