(真)期待値パパのスキマ稼働

面白おかしく、たまにタメになる記事を書いてます。

奥州筆頭!政宗2の裏ワザ的立ち回り

こんにちは。





奥州筆頭、期待値パパですw



今回は政宗2での



天井狙い以外での



立ち回りについて



書きたいと思います。



まぁ正直なところ、



この政宗2は導入してから



半年以上経っていて



もはや稼働はおろか、



設置すらないところまで



ありますので



あまり需要がないかもしれませんw



ただこの立ち回り方については



自分の会社の先輩Zが



解析が出揃う前に



独自に編み出した立ち回り方であり、



導入当初は



かなり喰えていたようです。



そんな先輩Zにも



一応了承を頂けたので(ダメとは言われてないですが)



今回記事にしてみました。






期待値稼働する上で



政宗2での狙い目は2つあります。



1つ目はゲーム数天井(999)狙い



2つ目は決戦ポイント(穢れ)狙いです。



先輩Zはこの決戦ポイントの狙い方を



かなり早い段階で確立していたため、



高精度で決戦ポイントの溜まった台を確保し



秀吉決戦に入れまくって



1ヶ月で20万近く抜いたそうです。(収支表を見せてくれました)



まず、この決戦ポイントの



おさらいをしておきます。



決戦ポイントとは、まどマギの穢れや



聖闘士星矢の不屈ポイントと同様



打ち手に嫌なことがあると



ポイントが溜まり、



そのポイントが一定以上に溜まった状態で



当たりを引くと恩恵が貰えるという



システムです。



ただし、内部的に溜まっていても



毎回示唆が出るわけではないので、



どれだけ溜まっているかを正確に見抜くのは



確定演出が出ない限りは、



基本的に不可能です。



しかしながら、この先輩Zは



この決戦ポイントの溜まり具合を



データカウンターの履歴から



かなりの高精度で



決戦ポイントの溜まり台を



拾うことに成功していました。



では、どのようにして



その決戦ポイントの溜まった台を見抜くのか?



まず、決戦ポイントですが



これは内部的に200ポイント以上持っている状態



青7を揃えた時に



ポイントを放出して必ず(超)秀吉決戦に突入します。



ちなみにポイントがなくても



設定によって多少差がありますが、



約20%前後で秀吉決戦に突入します。



秀吉決戦に突入した画面で



ボタンプッシュすると



左側にある玉?が光ります。



その時の光る色で



秀吉決戦の継続率を示唆しているのと(青~赤かな?)



決戦ポイントを放出しての



当選か否かを示唆しています。(確か紫だと決戦ポイント放出)



で、逆に言うと



秀吉決戦に入っていない台は



100%決戦ポイントを放出していないことが確定します。



データカウンターによって



まちまちにはなりますが、



大抵のカウンターは



青7でBB、



奥州ボーナスでRBが付くかと思います。



で、秀吉決戦に当選しているかどうかは



BB(青7)の当選ゲーム数を見れば一目瞭然です。



秀吉決戦は基本的に



青7の1G連が続くので(ベルとか引くと2とか3Gですが)



データカウンターの履歴にBBの1G連が2、3回あれば



それは秀吉決戦当選が濃厚ですよね?



普通に青7を揃える場合は



前兆演出を経由してからの



青7放出なので



早くても10~20Gくらいはかかります。



そして、データカウンターから



秀吉決戦に当選していないことが



分かったら、その次に



前回の秀吉決戦から現在までの



BB(青7)の回数を見ます。



政宗2では様々な契機で



決戦ポイント獲得の抽選をしていますが、



青7成立時、秀吉決戦非当選だと



決戦ポイント獲得が確定となっています。



しかもこのポイントが溜まる量は



もう解析が出ているかもしれませんが



おそらく5~10ポイントは溜まるかと思われます。



さらに、



奥州ボーナス(RB)の当選でも



決戦ポイント獲得が確定です。



しかも3、4、5連と数が多くなればなるほど



決戦ポイントを多く獲得出来ます。



ここまで説明すれば分かるかと思いますが



データカウンターから



秀吉決戦に当選していない台かつ、



青7(BB)を多く引いていて



さらに奥州ボーナス(RB)を連続で引いている台



決戦ポイントを多く所持している可能性が



格段に上がります。



しかも決戦ポイントの当選契機は



他にも通常時の演出ハズレや



レア役100G間無し状態での10%?くらいでも



毎ゲーム獲得抽選されているのと



奥州ボーナス時に、「バーを狙え」演出で



バーが外れた時にも獲得確定です。



(奥州ボーナス1回で体感ですが5~10回くらいは発生)






さらにさらに、



通常時、ART中問わず、



打っている最中に



決戦ポイントが溜まった時のゲームで



(下の秀吉ランプに、ひょうたんが溜まる演出)



媒体の右ボタンを押すと



決戦ポイントが溜まっている場合



一定確立で秀吉のセリフが発生します。



そのセリフの内容でも



決戦ポイントの量を示唆してくれています。



基本的にセリフが出た時点で



100ポイント以上確定で、



余は待っておるぞ!=180ポイント以上


余の本気を見せてやろう!=200ポイント以上



上記の様になっているので



セリフが出た際は要チェックです。



このセリフ演出のお陰で



決戦ポイント狙いをしている最中に



ポイントが溜まっていると



確信が持てる機会が多いので



実は溜まってなかった、みたいなパターンが



ほとんどなくなり、リスク回避が可能となります。





そして、極めつけは



決戦ポイントは溜まったけれど、



青7を引くまでにハマってしまった場合。



普通なら解放までに時間がかかれば



損をしてしまう仕様ですが、



この政宗2は



決戦ポイント200以上で秀吉決戦当選の他に



決戦ポイントMAX255ポイントだと



超秀吉決戦当選が確定となります!



(超秀吉決戦は継続率80%確定の最強特化ゾーン)



しかも超秀吉決戦のスゴいところは



最低30Gの青7の1G連が80%継続な上に



継続にもれても、その後に超秀吉猿舞に必ず入り



6沢に正解すると



もう一度超秀吉決戦に突入しますww



6沢のエスパーにさえなれれば



誰でも簡単に万枚を目指せる



超絶期待値の塊な特化ゾーンとなっています。



なので、話を戻すと



決戦ポイントが溜まっている状態で



ハマってしまってなかなか青7が引けなくても



全然ウェルカムだということ。



(むしろその方が期待値は高いかもw)



ただ、唯一のネックは




その決戦ポイントの放出までの時間と



放出してからの大量ゲーム数乗せを



十分に消化できるだけの時間を確保すること。



自分もこの立ち回りを教わって



何回か座るチャンスはあったんですが、



肝心の「時間」が自分にはなかったので



泣く泣く狙えずにいました←泣



ちなみになんですが、



先輩Zは履歴から 



推定170ポイント以上の



溜まりがある可能性がある台を



狙っていたそうです。



時には5万近い投資



強いられたこともあったそうですが、



超秀吉決戦に当選させて、



5000枚オーバーで取り返したことも



あったそうですので、



実践する際には



軍資金と時間を



しっかりと確認してから打ち出しましょうw



自分が実践したことがないので、



あまり大きなことが言えませんが、



間違いなく期待値は取れる立ち回りだと



思いますので、



機会があれば実践してみて下さい。



(結果レポなんかくれたら嬉しいw)





それでは長くなりましたが



最後に一言だけ言わせて貰って



締めたいと思います。



皆さんも、この裏ワザを使って



たっぷりと政宗2を楽しんじゃいましょう!



それでは!



























レッツパーリー!!←



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。